スマホのやめ方!子育て中のスマホをやめたい方へ

未分類

ついついスマホを見てしまうのは、決して自分のせいではありません!(と、言い聞かせております。)いや、でも本当に、スマホやSNS、アプリというのは、人の心を奪うようにものすごく研究されて作られているそうです。

きっと読んでくださっているあなたも、スマホが気になって気になって仕方がないのではないでしょうか。

「スマホがなくても生活できるよ」っていう人にスマホ依存者の気持ちはわからないのかもしれません。「意思が弱い」と言われておしまいかな。

ここでは『親がスマホばかり見ていることで子どもにどんな悪影響を及ぼすか』といった内容は書きません。

もし、「子どもと一緒にいるときにスマホを見る癖を直したい」と思っているのなら、そんなことは検索しないでください!

ダメな自分、ダメな母親、、お母さんがそう思ってしまうことの方が子どもに悪影響があると私は思います。

「スマホをやめたい」のならば、やめ方だけ知ればそれでいいのでは?

「これまで自分のしてきたこと(子どもといる時にスマホが気になって仕方がない)」はもう変えることができないし、それが子どもに与える影響がどのようなものかを知って得られることは何もないのではないでしょうか。

「今からどうするのか」「自分がどうしたいのか」が大事だと私は思います。

私がスマホから離れた方法

部屋の壁に時計をかける、腕時計をする

スマホで時間だけを確認しようと思ったのに、ついついアプリを開いてしまうことはありませんか。

その対策として、私は子どもとよく一緒に過ごすリビングに、お気に入りの大きな時計をかけました。

また、外に出る際にも、腕時計で時間を確認すると良いと思います。

お気に入りの可愛いメモ帳、ペンを持ち歩く

私はネットでお買い物をするのが大好きで、子どものおもちゃや掃除用品、収納用のアイテムなど、今すぐに検索しなければならないものではないものをついついよく見てしまっていました。

なので、その対策として、お気に入りのメモ帳とペンを持ち歩いて、あとで調べたいものをメモしておくようにしました。

そして、自分で決めた検索TIMEに検索するようにしました。

何か検索したいことがあったときに、あれもこれもとつい脱線して色々調べたり、目的じゃないアプリを開いてしまったりして、「もともと検索したかったことって、あれ、なんだっけ?」となってしまったことはないでしょうか。

この点、この方法(メモ帳&ペン)は優秀で、調べたいことを書き出してあるのできちんとその答えを導き出せるし、検索TIMEも限られているので本当に調べたいことに集中できます。

重要ではないアプリはファイルに入れて、開くのがめんどくさい設定にする

私は、よく開いてしまうけれども重要ではないアプリは、ファイルにまとめて、開くのがめんどくさくなるように設定しました。

以前、行動マネジメントの本で読みましたが、過程がたくさんあればあるほど、その行動は起こりにくくなるそうです。

スマホって、開くと常にホーム画面に誘惑のアプリがあって、通知があると右上に①とか②とか数字でお知らせしてくれますよね(^^;)

スマホから離れたい人にはとても迷惑な機能です。

なので、行動を起こりにくくするには、ファイルに整理したり、パスコードをわざわざうたないと入れない設定にしたり、とにかくめんどくさい設定にするのがおすすめです。

以上が、私がスマホから離れた方法です。

子どもとのんびり過ごせる時間はそう長くないと思うので、その時間を大切に大切にしていきたいです。

タイトルとURLをコピーしました