数教育はいつから始める?

未分類

数教育を始めるのに適切な時期は、2~3歳です。

数教育に限らず、子供の能力を伸ばす際に大切なのが子供の意欲(そのことに興味がある時期)です。適切な時期に適切な環境や刺激を与えることで、子供の能力は”グ~~~ン”っと伸びます。

この時期を逃さずに適切な教育をすることで、子供が小学校にあがったときに、「算数がめちゃめちゃ得意!」とまではいかなくても、苦手意識が芽生えないようにしてあげたいです。

さんすう学習の人気教材に書いてあったこと

「さんすう学習」で多くの熱心なお母さんから支持されているのが「ピグマリオンメソッド」です。

そのなかで、はじめて数教育を行なう子供向けの教材があります。それが、『2才児のさんすうセット』というもので、とても人気があります。

この教材を使う注意書として、以下のことが公式サイトに記載されていました。↓

※子どもの成長過程においては、個人差がございます。2歳前後から始められた方は、お子様によって理解が進まない場合もございます。
その場合は一旦ストップし、時期をみて2歳7ヶ月から再スタートしましょう。

まだ子供に数を学ぶ準備が整っていないのに、親が一方的に教え込もうとすると、子供は数が嫌いになってしまいます。

子供の能力を伸ばしてあげたいな、と思ったら、「年齢」に固執されずに、とにかく自分の子供をよく観察することが大切なんだと思います。

では、数に興味が出てくるまで何もできることはないかというと、そうではなく、数教育を始める前段階としてやらなければならない大切な大切なことがあります。

数教育を始める前にやらなければならない大切なこと

数教育を始める前にやらなければならない大切なこと。それは、『指先を使うこと』です。

先ほどご紹介した2歳児のさんすうセットのなかに「2才児のさんすう」という1冊の本が付属されているのですが、この本には、2歳になるまでに『箸で豆をつまめるように』と書かれています。

ひょえー!と思いますが、そのくらいの能力が、1~10までの数を理解するのには必要なんだそうです。逆に、その程度の能力がない状態で数を教えるのはまだ早く、数教育を始める準備が子ども自身にできるまで、お母さんが色々と工夫して子どもの指先を鍛えてあげたいところです。

指先を使う活動については、以下のようなものがあります。

にぎる、ひっぱる、落とす、つまむ、たたく、はめこむ、貼る、掛ける、うつす、とおす、そそぐ、とめる

おもちゃ選びや日々の活動の参考になればと思います(^^)

それぞれの活動について、詳しくはまた別の記事でご紹介しますね。

ちなみに『2才児のさんすう』という本は、「単品で購入できない」とよく言われていますが、こちら(https://store.shopping.yahoo.co.jp/pygli/)で購入することができます。興味がある方は読んでみてください!

タイトルとURLをコピーしました