子どもの英語教育に迷う方へおすすめの本『ほんとうに頭がよくなる世界最高の子ども英語』

未分類

英語(外国語)教育は、第二言語習得(SLA:Second Language Acquisition)という学問によって科学的に”正しい”とされているやり方があります。それらの研究内容を記した本もたくさん出版されています。

ただ、理論は理論。研究内容だけではなく、その理論を基に実際に日本人の子ども達に英語教育を行った上で効果的だとされたやり方があれば、具体的なコンテンツと共に、是非教えてほしいと思いませんか。まさしくこの本は、それらの内容がふんだんに盛り込まれています。

筆者は元イェール大学政治学科助教授の斉藤淳さんです。筆者が代表を務める『J PREP斉藤塾』は、実用的な英語が身に付く英語塾として、今注目を集めています。この本は、第二言語習得(SLA:Second Language Acquisition)理論を基に、筆者が英語塾で多くの生徒を指導してきた経験をふまえて書かれています。

こんな方におすすめの本です!

この本は、「我が子を英語が使える子に育てたい。でも、どのように教育するのが正しいのかわからない…。」と悩む親御さんに是非読んでいただきたい1冊です。これから英語教育を始めようと思っている方、自分の英語教育法が正しいのかわからない、という方に、これから進むべき方向を示してくれると思います。

因みに、この本の英語教育の対象年齢は、『3歳~大人』です。

ざっくりとした本の内容

この本は2部構成となっています。

  1. 【基本編】英語を身につけるための「常識」、標準的な考え方について
  2. 【実践編】それらを踏まえて具体的に何をやるべきかについて

実践編では、市販の教材やコンテンツも多数紹介されているので、おうち英語を行う方にはかなり役立ちます!

もう少し詳しい本の内容

ここまでお読みいただいてこの本に興味をもった方へ向けて、もう少し詳しい内容を紹介したいと思います。

まず、英語学習の「間違ったやり方」を捨てる

筆者は、まず親自身が、学生時代に受けてきた「間違ったやり方」を捨てることが重要だといいます。間違ったやり方とは、文法や語彙の暗記を中心とした、読み書き重視の学習法のことで、「文法訳読法」と呼ばれています。これは筆者の”個人的な考え”ではなく、現在の英語(外国語)教育のスタンダードな考え方になっています。

参考までに、多くの日本の大学で第二言語習得(SLA:Second Language Acquisition)の教科書として使用されている本のなかにも”実際のコミュニケーションの場面で使える英語を身につけるには、文法訳読方式は大変効率の悪い方法といわざるを得ません。”(外国語学習に成功する人、しない人:著者 白井恭弘)と書かれています。

インターナショナルスクールで『英語漬け』にするのが正解?

では、やはり、ネイティブ講師による英会話教室に通ったり、インターナショナルスクールで『英語漬け』にするのが良いのでしょうか。筆者の答えは「否」です。

子どものころに見よう見まねで覚えた英語というのは、結局のところ、「子どもレベルの英語」であり、そのままでは社会には通用しません。

さらに、将来的にどんなことを学んでほしいのかのビジョンがないまま、幼児期に英語を身につけさせても、その力は実践の機会を迎えないまま、子どもの成長とともにやがて忘却のかなたへと消えてしまうでしょう。

(ほんとうに頭がよくなる世界最高の子ども英語)

もし、あなたが、子どもにビジネスや海外の大学で専門的なことを学ぶツールとして英語を身に付けさせたいと思っているのなら、英会話教室やインターナショナルスクールを選ぶ前に、是非この本を読んでいただきたいです。

英語を勉強している時間がもったいない

筆者は英語塾の代表を務めているにも関わらず、「英語力は家庭で高められる」と断言しています。筆者は、「英語のためだけに英語を学ばせるのは、子どもの時間がもったいない。」というのです。つまりは、英語を勉強している時間がもったいない、と。

では、どうすれば良いのかというと、親が、我が子の年齢や興味に合わせてコンテンツを選び、子どもに英語を自然と親しませるのです。

この本は、その具体的な方法として、TPR(Total Physical Response)、英語で声かけ、英語絵本の読み聞かせ、ゲーム、フォニックス、映像コンテンツなどを紹介しています。そして、それぞれどういった点が利点なのか、どういったところに注意しなければならないか、どのくらいの時期にどのようなものを選べば良いのかなど、本当に詳しく記載してくださっています。

この本の筆者はどんな人?

ここで、筆者について改めてご紹介したいと思います。

筆者は、数多くの新聞や雑誌、メディアで取り上げられている英語塾『J PREP斉藤塾』の代表を務める斎藤淳さんです。元イェール大学政治学科の助教授で、そこで教鞭をとっていた頃に日本人の英語力に危機感を覚えて、日本での英語塾(J PREP斉藤塾)経営に乗り出しました。「J PREP斉藤塾」の講師陣には、大学院で第二言語習得(SLA:Second Language Acquisition)を専門にしている研究者も複数名おり、理論的に有効だと言えるアプローチは貪欲に取り入れているとのこと。そうして筆者の経営する「J PREP斉藤塾」は、わずか4年で累計3000人以上の生徒が通うまでになったそうです。

斉藤淳さんは、旧来型の受験エリートを養成することに興味はありません。”これから日本や世界がどのように変化しようとも、そのなかでたくましく思考し、しなやかに生きていける本物の知性を育てたい”とのこと。この本を読むと、筆者のその思いがよく伝わってきます。

おわりに…

巷には、多くの子ども向け英語教材やそれらに関する情報が溢れています。私自身も、娘を産んでまもなく、そのような情報に晒され、「今始めなきゃ!」「この教材を買わなければ!」と不安を煽られました。○○ちゃんの家はこの教材を買ったみたいだとか、○○ちゃんの家は英会話スクールに通い始めたとか、周りの子の状況と我が家を比べて焦ってしまったこともありました。しかし、大切なのは、『まず、我が子を見ること』だと、この本は私に教えてくれました。自分の英語力のなさを考えると、自分が学生時代にやってきた英語の勉強法は間違っているということは確かです。でも、ではどうすればいいのか?その答えがこの本には書いてありました。

ここまで長々とこの本について紹介してきましたが、あなたにも何か発見がありましたでしょうか。もし、「すでに知ってることばかり!」ならば、あなたはもう英語教育について十分な知識を持っているのだと思います。ですが、「へ~!そうなんだ!」と何か発見があったなら、是非、実際にこの本を読んでいただきたいです。

あなたが、あなたの子どもの未来の可能性を広げるために、このブログが少しでもお役に立てたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました