子どもの人見知りを改善するよりも、自己肯定感を育みたい

未分類

娘は人見知りや場所見知りがすごく激しいです。

公園で私と楽しく遊んでいるときに他の友達が来たら、固まって私にべったりくっついてきます。その後は友達が遊んでいるのをじっと見ています。

友達の家に遊びに行っても玄関を指差してずっと大泣き。自分の家に友達が来たときも固まってしまいます。(正確にいうと、いても大丈夫な友達と、苦手な友達がいるみたいです。ぐいぐい来る子は苦手?)

バスや電車も大泣きしてしまうので乗れません。

1歳半健診もずっと泣いて、積み木も指差しも何もやらなかったなぁ。

人見知り改善のため幼稚園プレクラスに通うことにしました

少しずつ慣らしてあげようと思い、先月から幼稚園のプレクラスに通い始めました。

でも、変わったのはお母さんである私でした。

幼稚園の先生に、こう言われたことがきっかけでした。

「皆でわいわい騒ぐのが好きな子もいれば、ひとりで遊ぶのが好きな子もいるのよ。大人だってそうでしょ?」

幼稚園入園までに皆がいる教室に入れるように、、、と思っていたけど、別に皆と同じじゃなくていいんだ。

子どもも大人も皆それぞれ個性があって、だからこそ面白いんだ。確かに、『皆、同じタイプ』だったらつまらないよな。と、思えるようになりました。

娘の幸せのために、人見知りを改善するよりももっと大切なこと

皆と同じ幼稚園、皆と同じ教室、皆と同じ学校にこだわらなくたって、娘は幸せになれるし、娘を幸せにすることはできます。

娘の苦手なことにフォーカスするのではなくて、もっともっと楽しいものを、娘と一緒に探したい。そのままの娘を受け止めて、一緒に楽しみたい!

そうすることで、娘の好きなこと、得意なことがもっと見えてくるのではないかと思います。

大切なのは、娘が『ありのままの自分が、お母さんに認めてもらえている。愛されている。』って思えることなんじゃないかな。

それが、自己肯定感とか、自己効力感につながっていくんじゃないかな。

幼稚園プレクラスに通い始めて、お母さんとして、また少し成長できた気がしました。

タイトルとURLをコピーしました