『近所のお散歩』は、脳の発育を促す【0歳~1歳児】

未分類

脳の発育には、月齢に合った適切な刺激が必要です。

テレビやスマホの画面は刺激が強すぎて、落ち着きがない子に育ったり、言葉の発達が遅れることがあると言われています。

では、いったいどのような刺激を与えれば良いのでしょうか。

豊富な語りかけやスキンシップの他に、私は『近所のお散歩』をおすすめします。

0歳児、1歳児には、すべてが新鮮

お母さんのおなかの中しか知らない赤ちゃんには、見るもの聞くものすべてが新鮮です。

朝日、冷たい風、雨、鳥の声、流れる川、夕日、、、

自分で歩けるようになると、今度は落ち葉を踏んでガサガサ音がすることに感動します。また、水たまりでバシャバシャ足踏みをすることに喜びを感じ、水が入った冷たい長靴はなんだか気持ちが悪いことに気が付きます。

自分で歩くと、ベビーカーに乗っている時やお母さんに抱っこされている時よりもさらに地面に近くなるので、花や葉っぱ、実、木の幹、虫、、、気になったものはなんでも触ろうとします。

0歳児、1歳児には、すべてが新鮮なのです。

だからこそ、なるべくは、私たち大人の都合で子どもを急かしてばかりではなく、子どもの「はじめて」の体験をからだ全体で味わい尽くさせてあげたいです。

五感を刺激し、脳の発育を促す

五感を刺激することで、脳の発育が促されます。

赤ちゃんの脳の細胞(ニューロンと呼ばれる)の数は、大人とほぼ同じだと言われています。しかし、その細胞どうしは、まだほとんど繋がっていないのです。

それが、色々なものを見たり、聞いたり、触れたりといった様々な刺激を受けることで繋がっていきます。これが、脳が発育するということです。

五感から受けた刺激は、脳のなかの、ある細胞(ニューロン)から他の細胞(ニューロン)に電気信号となって送られます。このときに”シナプス”というつなぎ目ができるのですが、これを増やすことで脳が発育するのです。

視覚、聴覚、触覚、嗅覚、(味覚)。五感をたくさん使って、脳の発育を促してあげたいですね。

『近所のお散歩』は五感を刺激するのに最適です!

お散歩は、1日何回行っても毎回違う発見があります。(私は犬の散歩も兼ねて1日2回は必ず行きます)

外に出たときの空気の冷たさ、空の様子、川の荒れ具合なども、日によって、時間によって、全く異なります。

「風が冷たいね~!」とか、「雲がひとつもないね!綺麗な青だね~!」とか、子どもと一緒に、何気ない日常の風景を楽しみたいですね。

※ 『天気』についてちょっと勉強してみたいなという方には、荒木健太郎さんの『空のふしぎがすべてわかる!すごすぎる天気の図鑑(KADOKAWA)』をおすすめします。空を見上げるのが一段と楽しくなりますよ!(最後にまたご紹介しますね。)

基本は子どもの興味に合わせる

お散歩中は、親が見せたいものや教えたいことを一生懸命子どもに見せたり話したりするよりも、子どもの興味に合わせます。

お散歩が”勉強時間”のようになってしまうと楽しくないですよね…。

子どもが何に興味をもっているのか、子どもの視線の先に何があるのかをよく観察しながらお散歩するのが良いと思います。

大人だって、自分で興味を持ったものはそうでないものに比べて、感じるものも多いし、より色んなものを吸収できますよね。

…とは言っても、子どもが自分で意思表示できるようになるまでは、何を考えているのかわからないことが多いと思います。

当然、子どもに語りかける内容もお母さんの興味に左右されることになります。

お母さんがなるべく色んなものに興味をもって、小さな発見、小さな幸せをたくさん子どもと共有したいですね。

お散歩で使える知識が載ったおすすめの図鑑

子どもとのお散歩を有意義なものにしたいと思ったら、お母さんにも、お散歩中に出会うものについての興味や知識があると良いですよね。

私は一般的な道端の植物や虫さえわからなかったので、簡単な、明日からすぐに使えそうな知識が載っている図鑑を色々と探して買いました。

その中のおすすめをご紹介します。

『天気』について、おすすめの図鑑

天気についておすすめの図鑑は、先ほどもご紹介した荒木健太郎さんの『空のふしぎがすべてわかる!すごすぎる天気の図鑑(KADOKAWA)』です。

この本を読んだ後は、雨雲レーダーを見て虹を探しに外に出たり、日の出や日の入りを見たくなるかもしれません。

空を眺めるのがこれまでよりもっと楽しくなると思います。

『植物』について、おすすめの図鑑

植物についておすすめの図鑑は、『じぶんでよめる しょくぶつずかん(成美堂出版)』です。

はる、なつ、あき、ふゆ。それぞれ「かだんのはな」「みちばたのはな」「まちやこうえんのはな、き」に分類されて掲載されています。

私のように、道端で見られる一般的な植物を知りたいという方におすすめの図鑑です。

『鳥』について、おすすめの図鑑

鳥についておすすめの図鑑は、『ぱっと見わけ観察を楽しむ野鳥図鑑(ナツメ社)』です。

私は鳥の図鑑をいくつか持っているのですが、それはそれは、どの図鑑も美しくてすばらしいと思うのですが、、、正直、日本で見られない鳥も多く載っていたりして、初心者には調べるのも難しかったりします。

それが、こちらの図鑑は、日本国内で見られる代表的な鳥が324種厳選して掲載されているので、とても調べやすくおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました